PLEN Robotics|プレンロボティクス

非接触で検温、自動問診 PLEN Cube健康チェック版 非接触で検温、自動問診 PLEN Cube健康チェック版
非接触で検温、自動問診 PLEN Cube健康チェック版

健康チェック版

非接触で検温、
自動問診で健康チェック

非接触で検温、自動問診で健康チェック

非接触で検温、自動問診 PLEN Cube健康チェック版

PLEN Cube健康チェック版なら、毎日非接触で検温し記録。
顔写真付き被験者リストの自動作成や自動問診、検温と問診のデータから健康状態をチェックすることができます。

非接触で検温、自動問診 PLEN Cube健康チェック版

オフィス勤務者の出勤時(入室時)の
健康管理

非接触で検温、自動問診 PLEN Cube健康チェック版

医療・介護施設、
教育機関や保育園での
来訪者、スタッフ、入居者の健康管理

非接触で検温、自動問診 PLEN Cube健康チェック版

イベントでの来訪者の
健康チェック

PLEN Cube 健康チェック版の特徴

2つの測定方法
非接触で検温、自動問診 PLEN Cube健康チェック版 非接触で検温、自動問診 PLEN Cube健康チェック版
非接触で検温、自動問診 PLEN Cube健康チェック版

非接触検温に加え、自動で問診も行います。発熱以前の体調変化をより具体的に捉え、健康状態を把握することができます。

非接触で検温・記録
非接触で検温、自動問診 PLEN Cube健康チェック版

毎日非接触で検温、健康状態を記録します。顔写真付きのリストを自動生成し、webアプリで確認ができます。

問診でより具体的に
健康状態をチェック
非接触で検温、自動問診 PLEN Cube健康チェック版

非接触検温に加え、自動で問診も行ます。発熱以前の体調変化を捉え、健康状態を把握することができます。

顔認証でスタッフや
居住者の状態を把握
非接触で検温、自動問診 PLEN Cube健康チェック版

PLEN Cubeデベロッパー版と同様にカメラと顔認識機能を搭載。顔認証により、社員、居住者など頻繁に施設を利用する方の健康記録を自動的に行います。

自動記録により人手不足を解消
非接触で検温、自動問診 PLEN Cube健康チェック版

毎回の検温データが自動的に記録されるため、検温のためのスタッフを必要としません。また、顔写真付きの被験者リストを自動生成することも可能です。

測定の仕組み
非接触で検温、自動問診 PLEN Cube健康チェック版非接触で検温、自動問診 PLEN Cube健康チェック版非接触で検温、自動問診 PLEN Cube健康チェック版

顔認証とアプリ

・Web アプリから瞬時に計測・登録。
(個人差有り)
・過去の測定データをビジュアル表示。

非接触で検温、自動問診 PLEN Cube健康チェック版
非接触で検温、自動問診 PLEN Cube健康チェック版

主な機能・セット内容

非接触で検温、自動問診 PLEN Cube健康チェック版

・非接触で検温

(8x8のアレイセンサーで顔を中心に64箇所の温度を測定し、最高位のものを記録します。理想的な測定環境はPLEN Cubeを地上約100cm、被験者との距離を60cm以内です。)

・毎日検温し、平熱との乖離を記録


 (社内実験時の平均誤差±0.5度)

・顔写真付き被験者リストを自動作成


・検温と自動問診のデータから健康状態をチェック


・指定先メールアドレスへの通知(検査勧告)


  ※ネットワーク接続が必要です。

キット構成

基本構成

・PLEN Cube本体
・サーモ&TOFセンサ搭載拡張ボックス
・専用エクステンションボックス
・健康管理用アプリケーション
・固定用三脚

月額サービス(標準)

顔登録300人
(1000人まで登録可能。お問い合わせ下さい。)
-クラウド上のデータベース
-管理アプリケーション

オプション

・管理システムとの接続はご相談下さい。
・その他、外部スピーカー、
 データ閲覧用タブレットも用意しています。

ハードウェア保証

12ヶ月

導入までの流れ

お問い合わせ

設置環境、カスタマイズについての確認と相談

見積もり作成

ご購入・設置

<注意事項> ・本機に搭載されたセンサで測定されるのは体表面温度であり、一般的な体温計で測定される体温(中核温度)とは異なりますが、一定条件の下で温度の高低を比較することが可能です。
・体表面温度の測定は、測定時の天候や気温・空調などの環境条件、運動などによる被測定者の状態変化等により変動します。
・本機は人体がウィルスに感染しているかどうか判別する機器ではありません。
・本機によるスクリーニングで体調不良の疑いが出た場合は、別途体温計での再検温をお勧めします。また、医師による診察が必要になる場合があります。
・本機は、薬事認証を取得した医療機器ではありません。
・本機は診断などの医療行為にはご利用頂けません。

ページTOPへ